Thursday, 8 October 2015

Album reviewed!! On jammerzine music blog

I'm really happy to get my second album review out and the 1st review written in English. I've been sending out tons of emails over the past couple of weeks begging for features or reviews. It's been really hard to catch a break. Thank you Duncan Walsh from the band The Watanabes for some great blog suggestions including this one. You can check out the entire feature here: http://jammerzine.com/the-test-drive-robert-taira-wilson-n…/

“Nail And Hammer” is a life soundtrack to an adventure yet lived. The legacies of Jim Croce, Cat Stevens, and Dave Matthews are alive and well and will be continued in the assured hands of Robert Taira Wilson." 




This was my first review done by a Japanese music blog: http://imagineks.tumblr.com/
Excerpt:

"イギリス出身で日本でも活動するアーティスト、Robert Taira Wilsonが二枚組のアルバム『Nail and Hammer』をリリースした。Disc1はバンド編成、Disc2はソロの作品となっている。

Robert Taira Wilsonの音楽は、今どき珍しいほどに真っ直ぐな音楽であるように思う。音の粒が聴き手の鼓膜や皮膚なんかを容易に、すんなりと透過して、心の内側にしみいるのだ。なんと表現すれば良いのだろう、彼の音楽は聴く者に寄り添ってくれる気がする。また、シンプルなアコースティックの編成ではあるが、その楽曲の展開はけして単純なものばかりではない。基本的には「優しい」音楽でありながら、一筋縄ではいかない、様々な表情を持つところが面白い。
どの曲も本当に人懐こくて素敵なのだが、入門編として何曲かをピックアップしようと思う。
2ndシングルにもなった「Forget Me Not」は、3分に満たない短い曲の中に物語がしっかりと息づいている。まるで一本の映画を観ているようだ。個人的に一番のお気に入り。 "

No comments:

Post a Comment